焼肉 タン

牛をまるごと楽しむ!意外と知らない肉知識~部位紹介~

更新日:

特別な日や、ちょっとしたご褒美に焼肉屋さんに行くことが多いですよね。
焼肉は大好きだけど、メニューにあるスーパーなどでは見かけない名前に味の想像ができず、知っている名前の部位しか食べない…なんてもったいないことしてませんか? 同じ1頭の牛でも、部位によって食感や味が全然違うんです!

目次

  • 定番の部位もさらに美味しく!
  • 名前は知ってるけど…な部位!
  • この名前を見つけたら即注文!

今回は、『定番部位』から焼肉屋さんでこの部位の名前を見つけたらラッキー☆な『希少部位』まで幅広くご紹介します。これを知るだけで、明日からなんだか得した気分になっちゃいますよ♪

おすすめ
焼肉 たれ
自家製♡絶品焼肉のたれレシピ

疲れたときにスタミナがある料理を食べたい!そんなときに1番食べたくなるのが「焼肉」♪その焼肉の美味しさを増すポイントとなるのが「焼肉のたれ」ですよね。今回は、自宅で簡単に作れる自家製☆焼肉のたれの作り ...

続きを見る

定番の部位も焼き方で違う!

カルビ

焼肉 カルビ

定番の『カルビ』は、もともと韓国語で『アバラ』という意味。言葉の由来通り、アバラの骨周辺のお肉を総称したもの。
肉質も柔らかく脂がのって甘味があるのが特徴です。

美味しい食べ方

片側を長めに焼き、もう片面は少し火を通して温める程度に焼くのがポイント。ひっくり返して、肉汁が表面に浮き出てきた時が一番美味しく食べられるタイミング♪

ロース

焼肉 ロース

首の後ろから腰にかけての部位の『ロース』。
首から肩についている『肩ロース』は、筋肉が発達しているので適度な食感と濃厚な風味を楽しめるのが特徴です。
徐骨周辺の背中の『リブロース』は、キメが細かく柔らかく、霜降りと赤身のバランスが程よいのが特徴です。

美味しい食べ方

ロースもカルビ同様、ひっくり返して肉汁が表面に浮き出てきたら食べごろのサイン!焼く時にあまり動かさず、一気に火を通すのがポイント☆

タン

焼肉 牛タン

タン』は、その名の通り牛肉の舌部分のお肉。独特の歯応えと旨みが詰まったジューシーさが特徴。焼肉の好きな部位のランキングで必ずといっても良いほどの王道肉

美味しい食べ方

タンは繊維が多いので、薄切りのものは焼きすぎると硬くなってしまいます。
薄いタンは色が変わるくらいで食べるのがオススメ。
厚切りのタンは香ばしさをつけるためにも表面はカリッと焼き、中までじっくり火を通すのがオススメ☆
薄切りはレモン×塩、厚切りのタンは塩胡椒が合う!

ハラミ

焼肉 ハラミ

カルビやロースに続く人気の部位。
ハラミ』はロースと同じ赤身のお肉だと思っている方も多いと思いますが、実は『ホルモン』の一種なんです!
ハラミは背中側の横隔膜の部分で、サッパリしていながらも柔らかく、肉肉しい食感が楽しめますよ♪

美味しい食べ方

ハラミはしっかり焼いて食べるのがオススメ。風味がしっかりしているので、肉汁が溢れて少し焦げ目がつくくらいが食べ頃です!

シマチョウ

焼肉 ホルモン シマチョウ

シマチョウ』は牛の大腸の部位で、表面がシマシマに見えることから言われています。適度な脂と、ホルモン独特の歯応えが人気の部位の一つになっています。

美味しい食べ方

ホルモンは美味しいけど焼き時間がわかりづらい…。皮の部分からじっくり火を通し、脂の部分が透明になるまでよく焼いて食べるのがオススメです。味噌だれや、おろしポン酢と相性抜群ですよ♪

名前は知っているけど…分かるようで分からない

ランプ

ランプ』はサーロインにつながる部位で、腰からお尻にかけての大きな赤身のお肉。キメが細かい肉質で、とても柔らかいのが特徴です。食べやすい赤身なのでダイエット中でも罪悪感なく食べられるのが嬉しいポイント♪

美味しい食べ方

赤身の柔らかいお肉なので、色が少し変わるくらいのレアで食べるのがオススメ。ワサビで上品に頂きましょう!

イチボ

焼肉 イチボ ランプ

イチボ』はお尻の先の部分の希少部位。実はこの『イチボ』、一頭から僅か2キロほどしかとれない貴重な部位なんです。霜降り部分と赤みが合わさり、とろけるような食感が楽しめます。

美味しい食べ方

表面はカリッと香ばしく焼いて霜降り部分を溶かし、中はレアで食べるのがオススメ!変に味付けをするより、素材そのものの肉汁の甘味が引き立つように塩胡椒などシンプルな味付けがベスト♪

ミノ

ミノ

ミノ』は牛の胃袋にあたる部位。牛は消化をするために4つの胃をもっていて、その中の1番目の胃が『ミノ』と呼ばれています。肉厚で乳白色なのが特徴で、コリコリした食感が楽しめる部位ですよ♪

美味しい食べ方

ミノは焼いても色が変わらないため、焼くのが少し難しいです。両面を焼いて、身が縮まって引き締まってきたら火が通ったサイン!ニンニクなどが入った甘辛い味噌だれと相性抜群♪

『ツウ』は知っている!オススメの希少部位

ツラミ

焼肉 ツラミ

『ツラミ』は牛の頬肉で、1頭から1キロほどしかとれない超希少部位。頬は筋肉が発達してるので、歯応えが抜群なんです!噛めば噛むほどお肉そのものの旨みがでてくるのが特徴です。

美味しい食べ方

脂が少ないお肉なので、色が変わる程度にサッと焼くのがポイント。お肉の味が引き立つように薄めのタレや、で食べるのがオススメです!

トウガラシ

なんだか辛そうな名前の『トウガラシ』は肩甲骨付近の赤身の部位。形が唐辛子に似ていることが名前の由来。
ローストビーフなどにもよく使用される柔らかい部分で、名前とは裏腹に甘みがあり、肉汁が溢れるのが特徴です。

美味しい食べ方

赤みのお肉なので中はレアで食べるのがオススメ。薄めの甘いタレや、醤油で食べると、さらに美味しく♪

エンピツ

エンピツ」はその名の通り、形が鉛筆に似ていることが名前の由来。焼肉屋さんでもなかなか見ることができないとても希少な部位なんです。
キメ細かく霜降りが入った、柔らかいエンピツはカルビやロースとはまた違った上品な味わいです。

美味しい食べ方

焼くのではなく、脂を溶かして温める程度で食べるのがポイント。エンピツ特有の繊細な味と食感を楽しめるよう塩胡椒や、薄口のタレで食べるのがオススメです!

お気に入りの部位を見つけよう!

いかがでしたか?それぞれの部位によって美味しさはもちろん、食べ方焼き方も違うんです!
『焼肉』の炭火で焼くだけというシンプルさが、それぞれの部位の魅力をより一層引き立ててくれるのかもしれません♪
自分のお気に入りの部位を見つけて、もっと焼肉を楽しみましょう!

Copyright© それでも肉が好き , 2020 All Rights Reserved.